2007年10月07日

無防備な信頼は、歴史が違うから

昨日は、久しぶりに学生達がミーティングをしている青山の事務所へ。
新社会人はこぐまりと僕2人で、あとはみんな学生。

その学生達も、僕らがメインでやってたときにはまだいなかったメンバーがほとんどに。

時間は流れていく、という当たり前のことを
改めて実感する。そんな光景でした。

ただ、そうは言っても、あの空気感は
どこか似てて、うれしいものです。



過去は、いつも過ぎ去った時間なんだけど
過去は、きっと現在のとなりで、未来になる。


こうやってセンチな気分になるのは、だんだん寒くってきたからでしょうか?
それとも、僕が新しい環境で苦労してるからかな(苦笑)
→10月9日より、CMもOAですし、今は、とにかくがむしゃらに頑張ります。


>オリンピックメンバーへ
いろんなことをやってるメンバーが多くて、なかなかSKD調整難しいけど
年末/クリスマスは、忘年会をやりましょう。

新社会人企画プロジェクトでやりますよん。

龍さんは、きっと名古屋から帰ってきてくれるでしょう。
きみちゃんも、戻ってきてくれるかな

ゆうてん、そうや、我らが秀才後輩たちも
参加してもらおう。




今年も残り3ヶ月あまり。

2008年が良い年になるように、充実した日々にしないとね。
posted by akira at 13:23| Comment(36) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

globe/女神

作詩:Tetsuya Komuro

 

今日は君と会えない
いつからか不自然に
想う僕はごく自然で
もう一度出逢った頃から
さみしさを穏やかな気持ちに変えるために
今日はゆっくり考えた
笑顔 ひとつひとつ繋いで
記憶のアルバムを作ってみた


運命に臆病な僕を
支えてくれた 手を繋いで
青空(そら)の下連れていってくれた
青空(そら)の下運んでくれた

 

君を女神と呼ばせて

 

 

心の奥ではこれからもずっと
君に返せるもの何かな?
感動という名のプレゼント
贈って贈って届けつづけたい
安らぎという名の服も着せてあげたい
好みの色だといいな
いつか着せて見せてほしいな


 

今日は君と会えない
いつからか不自然に
想う僕はごく自然で

 

君を女神と呼ばせて


 

 

posted by akira at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

大企業のWEBを面白くするには

仕事の話をどこまでに書いていいのか、わからないけど
このレベルならOKなはず、だよね?(若干、不安ですが)

先日、部署のスキルアップの一貫で、
最近のWEBのトレンドを紹介していただきました。


講師は、バズマーケティングの第一人者の1人木田広大さん。
またまた憧れのクリエイター方に会えて、仕事を忘れそうに(苦笑)


1時間半に渡り、国内外のイロイロなキャンペーンを紹介していただきました。
紹介していただいたサイトのほとんどは、すでに知っていたのですが、
ユニクロのこのサイトは知らなかった。


ユニクロック


実際に飛んでもらったら、わかると思うけど
ブログパーツを配布している+それらが張られているブログを束ねている。
そんなサイトです。


このサイトの特徴をあげると

1.いち企業のサイトが、ブログを束ねるポータルサイトなっている点
2.直接的な宣伝がない点
3.シンプルなユーザーインターフェイス



木田さんの解説にもあったけど、
このサイトの目的は、あくまで第一想起やコーポーレートブランド。


消費財やあまり価格の高くない製品は、
家や金融商品のように、WEBで調べてまで買うものではないわけだから
こういうアプローチはありなのかと思います。



大企業のサイトは、面白くないといわれますが、
最近、おもしろいサイトもいくつか出てきました。

うちのサイトでも、いろんなことをやって行きたい。
課長にも「提案してくれ」と、言われているので
いろいろ企んでみようと思います。

アイディアある方、協力してくれる方、よろしくです。
posted by akira at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

こういう曲がわかる年になりました。

学生の頃のはなし
カウンターで足を組み
カクテル少しピッチ速くて
いろいろ話題が飛ぶ

あの娘はどこで働き
あの男は何をしてる
最近あいつが電話してきたよ
あなたは今も飲み友達で

オフィスビルすりぬけて
今日も一日が終わって
クーペタイプの疲れた
シートに座って
カーステレオから slow dance
そして切ない love song
時々ふっと思い出す
precious memories

懐かしくても会えずに
どこにいるかも理解らずに
偶然街ですれ違っても
気付かずにお互いの道を目指してる

階段をかけのぼって
ヒールもだんだんはかない
アドレスのデータもほとんど
使わない人ばかりになる
週末ばかり気になって
今もそんな話題がでてる
だけどふっと思い出す
precious memories

月日が流れて少しづつ
遠ざかる夢のかけら
誰と暮らしているのかも
知らずに何かを忘れてく

懐かしくても会えずに
どこにいるのかも理解らずに
偶然街ですれ違っても
気付かずにお互いの道を目指してる



(globe/ Precious Memories)
posted by akira at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

ap bank fes'07【ハッピーレゾナンス】

VKrbg}bv C[W.JPG


先週の週末は、ap bank fes ‘07の最終日に行ってきました。

文末に載せたセットリストからもわかると思うけど、
至福の時間。すごかった。


名前も知らない、そして今後は二度と会うことのないであろう人たちが
一つの場所に集まって、小林さんと桜井さんのメッセージにレゾナンスする。

プラスのエネルギーが集まるってこういうことなんだなぁと思った。



最高のアーティストたちのライブももちろん、感動したんだけど
一番心に残ったのは、桜井さんの笑顔。

彼の笑顔にこのライブの、いや、このプロジェクトそのものの空気を作っている。


幸せそうに、そして心のそこから
何かを伝えようと歌っている桜井さんのパワー。
確かに受け止めた。


忘れられない夏の思い出になりました。
どうもありがとう。



以下、セットリスト。すごいよ、まじで。



Bank Band
01.よくきたね (新曲)

GAKU-MC
02.メルシーテレメカシアリガトオブリガード
03.挙手

HOME MADE家族
04.君がくれたもの
05.アイコトバ
06.サルビアのつぼみ

AI
07.Life
08.I'll Remember You
09.Story

KREVA
10.MY LIFE
11.くればいいのに feat.櫻井和寿 from Mr.Children
12.アグレッシ部

絢香
13.Jewelry day
14.Peace loving people
15.三日月
16.あしあと(+GAKU-MC)

Bank Band
17.ひとつだけ(矢野顕子)

東田トモヒロ
18.No Woman No Cry
19.???
20.ナガレウタ

DEPAPEPE
21.SKY!SKY!SKY!
22.ありがとう
23.Start!

Bank Band
24.歌うたいのバラッド(斉藤和義)

大貫妙子
25.突然の贈り物
26.色彩都市
27.DREAMLAND

KAN
28.MAN
29.世界で一番好きな人
30.愛は勝つ

加藤登紀子
31.この空を飛べたら
32.さくらんぼの実る頃
33.愛の賛歌

レミオロメン藤巻亮太
34.粉雪(弾き語り)


コブクロ
35.蕾
36.風
37.君という名の翼

絢香×コブクロ
38.winding road 

氷室京介
39.B・E・L・I・ E・V・E
40.CALLING

Bank Band
41.イロトリドリノセカイ(JUDY AND MARY)
42.Mr.Lonely(玉置浩二)

ウルフルズ
43.ええねん
44.SUN SUN SUN’95
45.バンザイ
46.ガッツだぜ

Mr.Children
47.風 (インディーズ曲)
48.未来
49.抱きしめたい
50.my life
51.ひびき
52.I'll be
53.通り雨
54.しるし
55.空風の帰り道

Bank Band with Great Artists & Mr.Children
56.to U
posted by akira at 22:42| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

ap bank fes '07

これから、いつもの仲間たちと ap bank fes07に行ってきます。
http://www.apbank-ecoreso.jp/

台風で中止になってしまい、
いけなくなった友達、先輩の分まで楽しんできます。
(おみやげとか、買ってこよう。)



環境はあたかも、音楽のように。



エコ・レゾナンスを体験してきます。



++

blogを復活させます。
分野は、マーケティング、日々の日常、音楽、映画。
いろいろ幅広く。

ここでも化学変化が起こればいいね。
よろしくです。
タグ:live 仲間
posted by akira at 20:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

研修プレスタート

image_yumetamago_1.jpg  いよいよ、明日から本格的な研修が始まります。
  今回の目標は2つ








◎100%で研修を受けること。


同じ研修でも、受ける姿勢によって、そこから得るものは全く違う。
「もうこれ以上はできない。」
それくらいの気持ちで、毎日過ごす。

毎日、毎セクションごとにゴールを設定して
その達成度を毎日、フィードバックを。
日誌も毎日つけてみようと思う。

よい研修にしたい。



◎できるだけ、たくさんの同期と言葉を交わすこと。


もしかしたら、こうやって同期が揃うのも最後かもしれない。
何かの縁で、一緒にいるわけだから
彼らと、できるかぎりコミュニケーションをとりたい。

完全にアウェーですがw
負けずに、楽しんで、がんばろうと思う。


あまり、内容を書いていいのかわからないので、
今夜はこの辺で。

おやすみなさい。



PS
この研修所、本当にキレイです。
かなり快適。

やはり、「いい会社」だといわれる訳です。
「ひと」を本当に大切にする会社だと思いました。
posted by akira at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

すべて卒業生へ。

いろいろ思うこともあるから、今度書きます。
『卒業』


でも、今夜はとりあえず。この曲。
『どんなときも』
こういう歌詞だったんだね。


 僕の背中は自分が 思うより正直かい?
 誰かに聞かなきゃ 不安になってしまうよ
 旅立つ僕の為に ちかったあの夢は
 古ぼけた教室の すみにおきざりのまま
 あの泥だらけのスニーカーじゃ
 追い越せないのは
 電車でも時間でもなく
 僕かもしれないけど

 どんなときもどんなときも
 僕が僕らしくあるために
 「好きなものは好き!」と
 言えるきもち抱きしめてたい
 どんなときもどんなときも
 迷い探し続ける日々が
 答えになること僕は知ってるから

  もしも他の誰かを 知らずに傷つけても
 絶対ゆずれない 夢が僕にはあるよ
 “昔は良かったね”と いつも口にしながら
 生きて行くのは 本当に嫌だから
 消えたいくらい辛い気持ち
 抱えていても
 鏡の前笑ってみる
 まだ平気みたいだよ

 どんなときもどんなときも
 ビルの間 きゅうくつそうに
 落ちて行く夕陽に
 焦る気持ち溶かして行こう
 そしていつか誰かを愛し
 その人を守れる強さを
 自分の力に変えて行けるように

  どんなときもどんなときも
 僕が僕らしくあるために
 「好きなものは好き!」と
 言えるきもち抱きしめてたい
 どんなときもどんなときも
 迷い探し続ける日々が
 答えになること僕は知ってるから
posted by akira at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

偶然の出会いを、必然にする仕組み。

今、最も勢いのあるモバイル系の会社といえば
あっというまに300万ユーザーを獲得したモバゲーを
運営するDeNAでしょう。

そこの社長さんが、また素敵で
めちゃめちゃロジカルだけど、最後は「気持ちでしょ」っていう
人間味にあふれる方でした。

インターン時代もお世話になりましたが、
そんな彼女と話したこの話を、最近考えてます。


「これから先、どういうサービスがくると思う?」

その質問に対して、僕が答えたのは
かなーりざっくりというと、以下の2つ。

1つは、SNSみたいな、他人とネット上でつながるサービス。
もう1つは、その人に完全にあった情報を提供してくれるサービス。


その答えに対して、彼女の答えは


「でもさぁ、それって便利だけど、つまらなくない?」





+++

小学校に通う以前の記憶で、
なぜだかわからないけど鮮明に覚えている風景がある。


それは

誕生日にもらった百科事典を、深夜、一人で一生懸命読んでいる。
そこに母親が来て

「明日読んだら?」

と、声をかけてくれたんだけど
僕は、結局朝まで読んでいた。

夜ふかし=悪いことをしているような気持ちの中で
新しい世界を自分で開拓していく、ドキドキ感。
自分ひとりではもてないような重い本を読みきったという達成感。

そういういろんな気持ちを
夜が明け始めた頃に、感じたことを
今でも僕は鮮明に覚えている。

たぶん、これが今の僕を作っている原風景なんだろう。



+++

インターネットやgoogle、RSSに、mixiやブログ・・・。

こういうツールを使うようになって
僕らの情報へのアクセスは、明らかに変わった。

友達の心配事や近況は、知ることができるし
デフォルメして言うと、欲しい情報が集まってくる状態。


でも、それでいいんだろうか?
つまらないものだけになっていないか?
その情報は偏ってないか?


とても不安になります。




僕は、これからますます、本屋に行くだろう。
それは、これまでの僕の中にない新しい世界に出会うためだし


睡眠時間を削ってでも、友達と食事をする時間を作るはず。
それは、これまでの僕の中にない価値観に触れるため。




でも僕は今のところ、
人に会いまくる+本屋に行くぐらいの方法しか持ってない。


みんなはどうやってるのかな?
いい方法があったらぜひ、教えてください。




+++

偶然と必然的に出会う、仕組みや習慣。
これからも作っていかないと。




+++


posted by akira at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

NEEDをさがせ

狗飼恭子さんって、作家がいるんだけど
彼女が雑誌に寄せていた文章がすばらしい。

個人的な備忘録として

 
  相手が自分を必要としているかどうかより、自分が何を求めているかのほうが
 大切だと思うのです。
  NEEDというのは単純に自分が求めていることに貪欲になりなさいということ。
 そのために他者を蹴落とす必要もないし、誰かに痛みが伴うこともない。
  自分が好きなようにいきることが、相手も好きなように生きられることにつながるのだ
 と素直に思えるようになりました。




 常にMyself Firstで。
drip.jpg








           
posted by akira at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

The Secret of the Life

何が正しいことなのか。
どうするべきか。


日常のなかであるほとんどのことへの解決策。
実は、みんなわかってるんです。

受験生は、勉強をやるべきだし
痩せたかったら、適度な運動と食生活をすればいい。

当たり前ですよね、でもできない。




たとえば、人間として、自分がどうやったって勝てっこない人がいたとき。
どうしたらいいのか。


その人が10歳年上とかのときは、
「その人目指して何をしていこう」っていうことを考えて・・・

これOKですよね。
そして、その実践もわりとできる。

心も頭もなっとくしてるから。


でも、その人が同じくらいの年だと、もうどうしたらいいのか。
僕の人生間違っていたのかとか思っちゃって。
大混乱しちゃいます。


もちろん、22才も生きてきたあきらくんは
最適なソリューションはすでに知っていて


「彼は彼/彼女。いいところは見習っていこう。
 でも、自分は自分の道を生きるのだ。」


こう、思うこと。


模範回答でしょ。



でも、なかなかそう思えないときもあるわけです。

頭ではわかってるのに、しっくりこない。


プライドが高いからなのか
完璧主義だからなのか
自分に自信がないからか
 ・
 ・
 ・
ケースによって
理由は、いろいろあるだろうけど


心と頭のミスマッチ。
これがあるから人間って大変なんだなぁって思うのです。


このミスマッチを解消することができる人って強いんだろうな。

まぁ、そもそも納得することしかしないっていうのが
本当の正解かもしれないけど。



人間って、感情をもった動物で。
つくづくめんどくさいなって思います。

でも、だからこそ最高におもしろいわ。





+++

10才上のすごい人にもいわれたし
ちょっと先輩にも言われ続けてきたし
一緒にたくさんの時間を過ごした仲間にも言われてきたし
最近仲間になってくれた、彼女も言ってくれた

"Myself First"

(音はよくないね、これw)
(音だけなら、リクルートのやつが上だね Follow〜)


やっと、手帳に書けるようになりました。


スターをとったマリオみたいな状態だ(笑)

あー、人生楽しみになってきた。
まずは、卒業旅行の準備から始めようかな
posted by akira at 16:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

やっぱ、みんな考えてることは一緒。

ユニリーバが展開する男性用のフラグランス
AXEが日本に上陸するらしい。

僕は、ヨーロッパにいるいとこが愛用してたこともあり、「おっついに!」という感じ。

このブランド、コンセプトが単純明快。


「これをつければ、モテますよ。女の子とエッチできるよ」


このコンセプトで広告もバンバンやってます。
以下、名作CM

http://www.youtube.com/watch?v=I9tWZB7OUSU


http://www.youtube.com/watch?v=SpuSaGJ8E24


あー、世の中やっぱそうだよね。
お勉強ばかりできても、恋愛できない人生は人生の半分くらいを損してる。
(はい、そんな半生を送ってきました。)


よし、決めた。
卒業旅行で男性チームは、みんなこれをつけてみましょう。
そして、観光地でナンパしてみよう。







・・・うそです。すいません、少しふざけてみました。
こんな元代表で申し訳ないですorz



まぁ、そういうことはおいといて
AXEのプロモーション、成功するかしないかじっくり見てみましょう。




僕は、ブランドマネージャーになりたい。

posted by akira at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

地球には、昼と夜がある。

とても当たり前だけど、



「朝起きて、昼は精一杯頑張って、夜は寝る」


こういう生活を取ったほうが絶対にいいわけです。


僕らの体には、体内時計があるので

それに従ったほうが健康でいられるのは明らか。



ということで、

「昼と夜が逆転してるよ。」「命削ってるよ」
というみなさんに、このソフトを紹介!
 
EarthView - High detail views of the earth at day and night



初期設定では世界地図の壁紙と、

EarthView Screenshot
 
地球画像のスクリーンセーバーという設定。

EarthView Screenshot




 

普段は地球儀や世界地図しか見てないから分からないけど、地球って影の部分(=夜)があったんだ。ということがわかります。


さらにカスタマイズはかなりの範囲で可能。雲を消す、全部昼にする、夜にする、視点を変える、ズームする、色合いを変える、強調する、などなど。
いろんなことができます。

 

 
Google Earthが進化して、リアルタイムで誰もが
いや、世界の首脳だけでもいい。

国境のない地球の姿。
生活してる人々を観ることができるようになったら、
戦争なんかしないよね。

リアルタイムで、ミサイルが飛び交い、そこで人が死んでる絵なんて
絶対に観られたもんじゃない。







posted by akira at 04:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

Don't save sex until you're old

ウォーレン・バフェットが、かつてハーバードのBussines Schoolの学生たちにこう語ったらしい。


「君たちは、セックスを年を取ってからの楽しみに取っておくようなことをしてはいけない。私は自分が選んだ仕事が楽しくて楽しくてたまらず、毎日職場まで文字通りタップダンスをしながら行っている。」

ウォーレン・バフェット。
その洞察力だけで数兆円もの資産を築いた史上最高の投資家は、
将来の漠然とした楽しみに今を犠牲にすることなく、
その瞬間瞬間を自分が充実すると感じる時間を過ごすことの大切さを、彼独特のユーモアを交えて、伝えたわけだ。



+++

高校時代の僕の恩師。
僕は、公開授業で観た彼の数学授業を見て、ラサール中の受験を決めたわけだけど

そんな彼が僕に教えてくれたのが森鴎外の『青年』


「一体日本人は生きるていふことを知っているのであらうか。
小学校の門をくぐってからていふものは、一生懸命此学生生活を駆け抜けやうとする。
その先に生活があると思ふのである。
学校ていふものを離れて職業にありつくと、その職業をなしてしまおうとする。
その先に生活があると思ふのである。
そしてその先に生活はないのである。」



+++

いつも忘れたくない、2つのエピソード。
posted by akira at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

Happy Birthday

「もう1年たつんだね。あの頃もメール流れたよね。」


久しぶりに話した、もと副代表との電話の最後。

むぅちゃんが言った言葉を聴いて、
この1年にあったいろんなことを思い出しました。


+++



2006年2月6日。
オリンピックプロジェクト、最初のミーティングがありました。

六本木にある、廃校になった小学校。
そこを改造して作ったNPOハウスの会議室。

今とは違って、メンバーもまだまだ少なくて。

りゅうさん、貴樹さん、てっぺいさん、もぐさん、栗田さん、ゆーこさん
とよなお、こぐまり、むーちゃん、ぼく。

この10人で、最初のミーティング。
そう、このプロジェクトは始まりました。


あれから、どんどんメンバーも増えて
いくつもの奇跡みたいなことも呼び寄せて
たくさんのことをやってきました。


集まるメンバーも、集う場所も(おまけに僕の役割も。苦笑)
あの頃とはぜんぜん違うけれど

ひとつだけ変わらないことがある。


それは、




石元龍太郎の


「きっと大丈夫」「絶対おもしろいから」

この言葉。
そして、この言葉を信じられること。




このことだけは、あの頃からずっと変わらない。

楽しいときだけじゃなくて、どんなピンチのときも、

あの頃から彼はずっと、こういう言葉を
僕らに言い続けてきてた。


だからこそ、僕らはこうやって彼の周りに集まるし、
これからも、そんな彼の周りには、楽しいことが集まってくるんだと思う。




最初のミーティング、あの日の僕のノート。

「絶対に楽しくなるよ。一緒に面白いことしていこう。」


よっぽど印象的だったのか、
彼の言葉がそのまま書いてありました。




+++


誕生日、本当におめでとうございます。

これまでの25年に出会えなかったことが、残念でした。
これからの25年には、ぜひとも関わっていきたいと思います。

これからもたくさんの奇跡を、僕らに魅せてください。
僕らも力になれるようにがんばります。


これまでの数え切れない思い出への感謝と、
これからも続くであろう奇跡への感謝を込めて。


Happy Birthday to ryUtaro!!


2007.2.17
Akira
posted by akira at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

集中力をあげよう。

最近、Life HackやTime Hackなどの
時間管理・生産性アップが人気です。

「そうなのかな?」と思った方は、本屋に足を運んでみてください。
そういう本がいっぱいです。


でも、思うのです。

いくら、無駄なことを減らしてタスクを減らして
1つずつのスピードが落ちれば、それも意味がなくなんる。


その対策としては。。。

集中力をあげる。


これに限ります。


ということで、その集中力を測る指標を考えてみました。

以下の項目に当てはまるときは、集中できてる

(注意:あくまでも個的な偏見ですがw)


■1時間以内に、一冊の本を読み終わる。

■いつもは頭に入ってこない難しい&つまらない本を、理解。

■10分以内に、受信ボックスにあるメールに返信完了。



そして、集中力=作業中の生産性をあげるために


■机についたら10秒以内に集中する。

■「〜ながら」作業をしない。

■メールは気づいたときに、まとめて返す。

■それなりの水分を飲む

■50分ごとに、「小」休憩5分。これを1セットに。

■すごした時間を「見える化」する。
 →人生には、いかに無駄に過ごしている時間が多いことがわかります。

■音楽を聴いて、気分を入れ替える。





まぁ、こんなものかな。

何かいい、絶対集中への導入方法を知ってる方は
ぜひ教えてください。
posted by akira at 12:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

【書評】中田英寿という時代

hide_4.jpg

中田英寿も好きな
んですが、この著者のスポーツライター増島みどり氏も
僕が好きなライターの一人なので、発売日に即買い。

いろいろ読みたい本がたまってて、
今週末にやっと読めました。

韮崎高校時代からのヒデ関連記事、ヒデのインタビュー、
引退後に関係者へ行ったインタビューを中心に構成されている。

特 に興味がそそられるのは、98年のWカップの時の中盤を
形成した名波浩、山口素弘のインタビュー。

この本を読んでから、あの当時のVTRを探しに行って
何試合かを観たのですが、ヒデにとっての「黄金の中盤」、もっとも好きなことをできた、
楽しかったのは、あの時代だったのかもしれない。


「サッカーは、一人ではできない。」

この本の、ひとつのテーマになってるけど、
それは、僕らも一緒で。

大切な仲間であるはずなんだけど、
一緒に過ごす時間が長ければ長いほど、嫌な部分や、自分とはあいいれない場面が出てくる。

「開きなったら、終わりだ」

ってのは、わかってるんだけど。。。
なかなか難しい。

特に、相手が優秀であればあるほど。


まぁ、これも自分の可能性への期待が高いことや
プライドが高いことが、そうさせるのかも知れないけどね。


中田英寿、彼の悩みと僕の悩み。

レベルはぜんぜん違うけど、同じような悩みだな。
そんなことも感じつつ。

・・・

まぁ、僕の話をおいといて(苦笑)

中田が好きな人は、ぜひとも読んでみてくださいな。



タグ:書評
posted by akira at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

10年後の設計図。

「2007年の設計図。」

書店で見かけた雑誌のフレーズを見てて、ふと思い浮かんだのがタイトルの言葉。


10年後の設計図。


10年後を描いて、何かを計画を立てる。
確かにそれは楽しいことなんだけど、今回は結局お蔵入りすることに。


というのも、よくわからないから(笑)



振り返ってみると、僕はその日やりたいことを毎日できれば
それといった不満を感じず、いや、むしろ幸せに過ごせる。

ただ、そうはいっても
その日その日を無駄にすごすわけでなく。

一生懸命生きる。ベストを尽くす。
これができれば、人生は思ってもいないほどうまくいく。

必ず楽しい話は振ってくるし、助けてくれる人も現れるし
最高の仲間もできる。


というのが、22年間生きてきての感想。


ただ、「ベストをつくす」
というのは、なかなか難しい。

まったく反省のない一日なんて、1年に何日あるんだろう。


「最高に充実してた」
こう思える日を、どれだけ365に近づけられるか。



これが、今年のテーマです。



今年も今日から2月です。残り333日くらいかな。

最高に充実してた、こういう日が増えれば
きっと明日はもっと、楽しくなるはず。


今日からブログ開設です。よろ!
posted by akira at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。