2007年08月12日

大企業のWEBを面白くするには

仕事の話をどこまでに書いていいのか、わからないけど
このレベルならOKなはず、だよね?(若干、不安ですが)

先日、部署のスキルアップの一貫で、
最近のWEBのトレンドを紹介していただきました。


講師は、バズマーケティングの第一人者の1人木田広大さん。
またまた憧れのクリエイター方に会えて、仕事を忘れそうに(苦笑)


1時間半に渡り、国内外のイロイロなキャンペーンを紹介していただきました。
紹介していただいたサイトのほとんどは、すでに知っていたのですが、
ユニクロのこのサイトは知らなかった。


ユニクロック


実際に飛んでもらったら、わかると思うけど
ブログパーツを配布している+それらが張られているブログを束ねている。
そんなサイトです。


このサイトの特徴をあげると

1.いち企業のサイトが、ブログを束ねるポータルサイトなっている点
2.直接的な宣伝がない点
3.シンプルなユーザーインターフェイス



木田さんの解説にもあったけど、
このサイトの目的は、あくまで第一想起やコーポーレートブランド。


消費財やあまり価格の高くない製品は、
家や金融商品のように、WEBで調べてまで買うものではないわけだから
こういうアプローチはありなのかと思います。



大企業のサイトは、面白くないといわれますが、
最近、おもしろいサイトもいくつか出てきました。

うちのサイトでも、いろんなことをやって行きたい。
課長にも「提案してくれ」と、言われているので
いろいろ企んでみようと思います。

アイディアある方、協力してくれる方、よろしくです。
posted by akira at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51169950

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。