2007年02月28日

やっぱ、みんな考えてることは一緒。

ユニリーバが展開する男性用のフラグランス
AXEが日本に上陸するらしい。

僕は、ヨーロッパにいるいとこが愛用してたこともあり、「おっついに!」という感じ。

このブランド、コンセプトが単純明快。


「これをつければ、モテますよ。女の子とエッチできるよ」


このコンセプトで広告もバンバンやってます。
以下、名作CM

http://www.youtube.com/watch?v=I9tWZB7OUSU


http://www.youtube.com/watch?v=SpuSaGJ8E24


あー、世の中やっぱそうだよね。
お勉強ばかりできても、恋愛できない人生は人生の半分くらいを損してる。
(はい、そんな半生を送ってきました。)


よし、決めた。
卒業旅行で男性チームは、みんなこれをつけてみましょう。
そして、観光地でナンパしてみよう。







・・・うそです。すいません、少しふざけてみました。
こんな元代表で申し訳ないですorz



まぁ、そういうことはおいといて
AXEのプロモーション、成功するかしないかじっくり見てみましょう。




僕は、ブランドマネージャーになりたい。

posted by akira at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

地球には、昼と夜がある。

とても当たり前だけど、



「朝起きて、昼は精一杯頑張って、夜は寝る」


こういう生活を取ったほうが絶対にいいわけです。


僕らの体には、体内時計があるので

それに従ったほうが健康でいられるのは明らか。



ということで、

「昼と夜が逆転してるよ。」「命削ってるよ」
というみなさんに、このソフトを紹介!
 
EarthView - High detail views of the earth at day and night



初期設定では世界地図の壁紙と、

EarthView Screenshot
 
地球画像のスクリーンセーバーという設定。

EarthView Screenshot




 

普段は地球儀や世界地図しか見てないから分からないけど、地球って影の部分(=夜)があったんだ。ということがわかります。


さらにカスタマイズはかなりの範囲で可能。雲を消す、全部昼にする、夜にする、視点を変える、ズームする、色合いを変える、強調する、などなど。
いろんなことができます。

 

 
Google Earthが進化して、リアルタイムで誰もが
いや、世界の首脳だけでもいい。

国境のない地球の姿。
生活してる人々を観ることができるようになったら、
戦争なんかしないよね。

リアルタイムで、ミサイルが飛び交い、そこで人が死んでる絵なんて
絶対に観られたもんじゃない。







posted by akira at 04:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

Don't save sex until you're old

ウォーレン・バフェットが、かつてハーバードのBussines Schoolの学生たちにこう語ったらしい。


「君たちは、セックスを年を取ってからの楽しみに取っておくようなことをしてはいけない。私は自分が選んだ仕事が楽しくて楽しくてたまらず、毎日職場まで文字通りタップダンスをしながら行っている。」

ウォーレン・バフェット。
その洞察力だけで数兆円もの資産を築いた史上最高の投資家は、
将来の漠然とした楽しみに今を犠牲にすることなく、
その瞬間瞬間を自分が充実すると感じる時間を過ごすことの大切さを、彼独特のユーモアを交えて、伝えたわけだ。



+++

高校時代の僕の恩師。
僕は、公開授業で観た彼の数学授業を見て、ラサール中の受験を決めたわけだけど

そんな彼が僕に教えてくれたのが森鴎外の『青年』


「一体日本人は生きるていふことを知っているのであらうか。
小学校の門をくぐってからていふものは、一生懸命此学生生活を駆け抜けやうとする。
その先に生活があると思ふのである。
学校ていふものを離れて職業にありつくと、その職業をなしてしまおうとする。
その先に生活があると思ふのである。
そしてその先に生活はないのである。」



+++

いつも忘れたくない、2つのエピソード。
posted by akira at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

Happy Birthday

「もう1年たつんだね。あの頃もメール流れたよね。」


久しぶりに話した、もと副代表との電話の最後。

むぅちゃんが言った言葉を聴いて、
この1年にあったいろんなことを思い出しました。


+++



2006年2月6日。
オリンピックプロジェクト、最初のミーティングがありました。

六本木にある、廃校になった小学校。
そこを改造して作ったNPOハウスの会議室。

今とは違って、メンバーもまだまだ少なくて。

りゅうさん、貴樹さん、てっぺいさん、もぐさん、栗田さん、ゆーこさん
とよなお、こぐまり、むーちゃん、ぼく。

この10人で、最初のミーティング。
そう、このプロジェクトは始まりました。


あれから、どんどんメンバーも増えて
いくつもの奇跡みたいなことも呼び寄せて
たくさんのことをやってきました。


集まるメンバーも、集う場所も(おまけに僕の役割も。苦笑)
あの頃とはぜんぜん違うけれど

ひとつだけ変わらないことがある。


それは、




石元龍太郎の


「きっと大丈夫」「絶対おもしろいから」

この言葉。
そして、この言葉を信じられること。




このことだけは、あの頃からずっと変わらない。

楽しいときだけじゃなくて、どんなピンチのときも、

あの頃から彼はずっと、こういう言葉を
僕らに言い続けてきてた。


だからこそ、僕らはこうやって彼の周りに集まるし、
これからも、そんな彼の周りには、楽しいことが集まってくるんだと思う。




最初のミーティング、あの日の僕のノート。

「絶対に楽しくなるよ。一緒に面白いことしていこう。」


よっぽど印象的だったのか、
彼の言葉がそのまま書いてありました。




+++


誕生日、本当におめでとうございます。

これまでの25年に出会えなかったことが、残念でした。
これからの25年には、ぜひとも関わっていきたいと思います。

これからもたくさんの奇跡を、僕らに魅せてください。
僕らも力になれるようにがんばります。


これまでの数え切れない思い出への感謝と、
これからも続くであろう奇跡への感謝を込めて。


Happy Birthday to ryUtaro!!


2007.2.17
Akira
posted by akira at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

集中力をあげよう。

最近、Life HackやTime Hackなどの
時間管理・生産性アップが人気です。

「そうなのかな?」と思った方は、本屋に足を運んでみてください。
そういう本がいっぱいです。


でも、思うのです。

いくら、無駄なことを減らしてタスクを減らして
1つずつのスピードが落ちれば、それも意味がなくなんる。


その対策としては。。。

集中力をあげる。


これに限ります。


ということで、その集中力を測る指標を考えてみました。

以下の項目に当てはまるときは、集中できてる

(注意:あくまでも個的な偏見ですがw)


■1時間以内に、一冊の本を読み終わる。

■いつもは頭に入ってこない難しい&つまらない本を、理解。

■10分以内に、受信ボックスにあるメールに返信完了。



そして、集中力=作業中の生産性をあげるために


■机についたら10秒以内に集中する。

■「〜ながら」作業をしない。

■メールは気づいたときに、まとめて返す。

■それなりの水分を飲む

■50分ごとに、「小」休憩5分。これを1セットに。

■すごした時間を「見える化」する。
 →人生には、いかに無駄に過ごしている時間が多いことがわかります。

■音楽を聴いて、気分を入れ替える。





まぁ、こんなものかな。

何かいい、絶対集中への導入方法を知ってる方は
ぜひ教えてください。
posted by akira at 12:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

【書評】中田英寿という時代

hide_4.jpg

中田英寿も好きな
んですが、この著者のスポーツライター増島みどり氏も
僕が好きなライターの一人なので、発売日に即買い。

いろいろ読みたい本がたまってて、
今週末にやっと読めました。

韮崎高校時代からのヒデ関連記事、ヒデのインタビュー、
引退後に関係者へ行ったインタビューを中心に構成されている。

特 に興味がそそられるのは、98年のWカップの時の中盤を
形成した名波浩、山口素弘のインタビュー。

この本を読んでから、あの当時のVTRを探しに行って
何試合かを観たのですが、ヒデにとっての「黄金の中盤」、もっとも好きなことをできた、
楽しかったのは、あの時代だったのかもしれない。


「サッカーは、一人ではできない。」

この本の、ひとつのテーマになってるけど、
それは、僕らも一緒で。

大切な仲間であるはずなんだけど、
一緒に過ごす時間が長ければ長いほど、嫌な部分や、自分とはあいいれない場面が出てくる。

「開きなったら、終わりだ」

ってのは、わかってるんだけど。。。
なかなか難しい。

特に、相手が優秀であればあるほど。


まぁ、これも自分の可能性への期待が高いことや
プライドが高いことが、そうさせるのかも知れないけどね。


中田英寿、彼の悩みと僕の悩み。

レベルはぜんぜん違うけど、同じような悩みだな。
そんなことも感じつつ。

・・・

まぁ、僕の話をおいといて(苦笑)

中田が好きな人は、ぜひとも読んでみてくださいな。



タグ:書評
posted by akira at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

10年後の設計図。

「2007年の設計図。」

書店で見かけた雑誌のフレーズを見てて、ふと思い浮かんだのがタイトルの言葉。


10年後の設計図。


10年後を描いて、何かを計画を立てる。
確かにそれは楽しいことなんだけど、今回は結局お蔵入りすることに。


というのも、よくわからないから(笑)



振り返ってみると、僕はその日やりたいことを毎日できれば
それといった不満を感じず、いや、むしろ幸せに過ごせる。

ただ、そうはいっても
その日その日を無駄にすごすわけでなく。

一生懸命生きる。ベストを尽くす。
これができれば、人生は思ってもいないほどうまくいく。

必ず楽しい話は振ってくるし、助けてくれる人も現れるし
最高の仲間もできる。


というのが、22年間生きてきての感想。


ただ、「ベストをつくす」
というのは、なかなか難しい。

まったく反省のない一日なんて、1年に何日あるんだろう。


「最高に充実してた」
こう思える日を、どれだけ365に近づけられるか。



これが、今年のテーマです。



今年も今日から2月です。残り333日くらいかな。

最高に充実してた、こういう日が増えれば
きっと明日はもっと、楽しくなるはず。


今日からブログ開設です。よろ!
posted by akira at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。